自分だけのオリジナルTシャツを作れる!おすすめ業者をご紹介!

オリジナルTシャツのTシャツ選びの基準

オリジナルTシャツのTシャツ選びの基準

 

Tシャツを作るとき、印刷する前のTシャツ選びをしなくてはいけません。
それぞれの業者で用意しているタイプが異なっていて、業者によっては複数のタイプを用意してくれているところもあります。
用途に合わせて選ぶようにしましょう。

 

短期利用や記念用なら薄い生地でも構わない

オリジナルTシャツを作る目的は様々です。
学校のクラブのユニフォーム用となるとそれなりに長期的に着る可能性があります。
簡単に破れたりすると何度も買い替えないといけなくなります。
一方で学園祭など短期的にしか着ないことが分かっているときもあります。
学園祭は数日から1週間程度しかありませんから、その間着てそれ以降着るかどうかはそれぞれの人の自由になります。
何らかの記念を目的に作ることがあり、必ずしも着ることを目的としないときもあります。
業者に依頼をするときにはTシャツ選びの基準がありますが、長期的に着るのでないなら薄手の生地を選択しても良いかもしれません。
生地の厚さによって丈夫さが異なります。
厚ければ、何度着ても選択し直しても簡単には破けませんが少々高めになります。
薄い生地だと破けやすくなりますが単価は非常に安くなります。
イベント用に大量に作って無料で配布するなどの時も、何度も着る目的のものではないので安さを優先して薄手の生地を選択しても良いでしょう。
破けやすいと言ってもそれなりに着ることができます。

 

自然の素材か速乾性などを優先する素材か

衣類の生地にはいろいろあります。
古くから使われているものには絹、綿、麻などがあります。
高級素材としてしられ
通気性のいい夏の服にぴったりの素材です。
下着から一般の服にもよく用いられるのが綿で、自然の素材としてはもっとも使われているかもしれません。
肌ざわり、吸湿性などいろいろな面で平均点以上の素材と言えます。

〇用途に応じた生地選び
オリジナルTシャツを作ってもらうときのTシャツ選びの基準では生地の種類の選択があります。
オーソドックスな作りなら綿素材がいいでしょう。
価格も安すぎず高すぎずちょうどいい価格です。
スポーツをするときに着るのであれば、吸湿性や速乾性の優れた素材の方がいいでしょう。
ポリエステルなどの化学繊維を組み合わせてあり、綿よりも安い素材もありますが高い素材もあります。
スポーツをするとき、汗をかいてべとつくと動きにくくなりますが、スポーツしやすいタイプなら汗でも肌にくっつきにくくなります。
多少高くなるかもしれませんが、利用する人のことを考えていい素材を選ぶようにしてみましょう。

 

有名メーカーのものと無名メーカーのもの

同じ商品でも、作るメーカーが異なると品質が異なるときがあります。
大手メーカーはいろいろな技術を駆使していい製品を作るので、価格は高めですがそれなりに品質が良くなります。
評判もあるので、あまり安物は作れないでしょう。
一方無名の小さいメーカーは大手と同じことをしていても商売が出来ません。
高品質のものを作るところもありますが、有名メーカーでは作らないものをできるだけ安く販売しようとするところがあります。
品質よりも安さを求める人はこちらを選ぶかもしれません。
オリジナルTシャツにおいてはTシャツ選びの基準がありますが、業者が用意しているTシャツのメーカーがどこかによって決めることがあります。
洋服や生地を専門的に作っているメーカーのものであれば、生地の品質は心配しなくてよいでしょう。
単価が予算に見合うかどうかになります。
無名メーカーは品質にばらつきがあります。
いい製品を作るところもあればその逆もありますがその区別がつきにくいです。
できるだけ安く作りたいときは選択肢になるでしょう。

〇まとめ
Tシャツには種類があり、薄手のものもあれば厚手のもの綿素材もあれば化学繊維も含んでいるものもあります。
メーカーによる違いもあり、大手なら安心できるものの、無名メーカーだとメーカーによる差が大きくなる可能性があります。

オリジナルTシャツランキング!
オリジナルTシャツ作成のトミーズ
TMIX
ラブラボ
Citto+
タカハマライフアート