自分だけのオリジナルTシャツを作れる!おすすめ業者をご紹介!

オリジナルTシャツのプリント方法の種類

オリジナルTシャツのプリント方法の種類

 

おそろいのTシャツを作ると仲間意識が高まります。
学校のクラスなどで作ることがあるかもしれません。
業者によって、それぞれ印刷する仕組みが異なることがあります。
どんな印刷方法があって特徴は何なのか知っておくと良いでしょう。

 

複雑なデザインでもきれいに再現してくれる

クラブ活動であったり飲食店のユニフォームなどでオリジナルTシャツを作ることがあるかもしれません。
最も簡単なのは自分で作る方法です。
1枚だけ作るのであれば問題ありませんが、ユニフォームのように作るのであれば同じように印刷されたものがいいでしょう。
個人で全く同じものをたくさん作るのには限界があります。
そこで利用するのが印刷業者です。
インターネット上には多くの業者があるので、その中から選ぶと良いでしょう。

〇一般的なプリント方法
インクジェットプリントで行うところがあります。
仕組みは家庭用のプリンターのインクジェットと同じです。
もちろん業務用なので全く同じ機械ではありませんしインクなども異なります。
ただ家庭用のインクジェットプリンタできれいな写真が印刷できるようこちらでも再現性に優れているのが特徴です。
布への印刷になるのであまり細かすぎる部分を再現するには限界がありますが、他の方法に比べると多くの色を組み合わせた印刷が可能になります。
何枚印刷してもコストが変わらない反面、大量に依頼をすると割高になります。

 

同じデザインで大量に割安に作ってもらえる

飲食店の店員向けのオリジナルTシャツだとそれほど枚数はいらないかもしれません。
10名程度の従業員に予備を10枚ぐらいで合計20枚ぐらい作ってもらえばしばらく必要にならないでしょう。
しかし、学校のクラスやクラブ活動で作るとき、最初に50枚から100枚ぐらい作ってもらったり、継続的に後から作ってもらいたいときがあります。
予算のこともあるので、できるだけ割安なプリント方法を採用しているところを利用したいと考えるかもしれません。
その時は、シルクスクリーンプリント法を採っている業者に依頼するようにしてみましょう。

〇印刷方法
昔からある方法で、色ごとの型を取って印刷をしていきます。
あまり多くの色を表現することはできませんが、一旦型を作れば、大量に作るほどコストがかかりにくくなります
少ない単位で注文するより、多くの単位で注文するとどんどん安くなります。
二色刷りであったり、数色程度で表現できるものであればこちらを利用した方がいいかもしれません。
一般的なアパレル商品に似た仕上がりが期待できます。

 

長期的に使うならひび割れがないものがいい

Tシャツは気軽に着ることができるので、クラブ活動のユニフォームなどにすると毎日のように着ます。
一人数着持っているとしても、毎日着ればそれなりに洗濯と乾燥をくりかえすので徐々に印刷部分がひび割れたりはがれたりするときがあります。
デザインされているものが消えると着られなくなるかもしれません。
オリジナルTシャツの作成を依頼するとき、できるだけインクのひび割れがないプリント方法がいいなら昇華転写プリントで印刷してくれる業者を選びましょう。

〇印刷方法
あらかじめ専用の用紙にデザインを印刷しておき、それを印刷したいTシャツに熱で気化して染めこむ方法です。
大量印刷は難しい方法ですが、色合いがきれいに出せるので人気の方法です。
特徴の一つとしてインクのひび割れがないとされます。
生地の表面にインクが付くだけでなく、生地に浸み込みます。
デザインが消えにくいので、何度も洗うときにいい印刷方法です。
ただし、プリントできる生地に制限があるときがあります。
希望の生地があるときは、その記事での印刷が可能か確認しましょう。

〇まとめ
Tシャツを作ってもらうとき、主な印刷方法として3つあるので確認しておきましょう。
できるだけきれいに印刷してほしいとき、シンプルなデザインのものを割安に大量に作りたいとき、ひび割れなどが少ない方がいいときなどそれぞれに合った方法があります。

オリジナルTシャツランキング!
オリジナルTシャツ作成のトミーズ
TMIX
ラブラボ
Citto+
タカハマライフアート