自分だけのオリジナルTシャツを作れる!おすすめ業者をご紹介!

オリジナルTシャツを急ぎで作りたい!最短どのくらいでできる?

オリジナルTシャツを急ぎで作りたい!最短どのくらいでできる?オリジナルTシャツを作ったことがありますか?

オリジナルTシャツとは自分でデザインしたイラストや撮影した写真をTシャツに加工するサービスのことを言います

意外に利用者は多く、特に学園祭シーズンになる秋は、オリジナルTシャツを手掛ける業者にとっては繁忙期とも言えるでしょう

他にも、人とかぶったものは嫌だという事で自分だけの個性豊かなTシャツを作ってみたり、生まれたお子様の写真を使って家族お揃いのTシャツを作るなど利用目的も十人十色です。

 

Tシャツを作るためにはまず業者へ依頼をし、デザインを送ってそれに従ってTシャツを作成していきます。

 

発注をかけた後、最短どれくらいで納品されるのでしょうか?

 

 

 

意外にも工程がたくさんあります

Tシャツ作りはただ依頼をすればいいという訳ではありません。

 

最初は見積もりです

見積もりとは

アイテムの数やプリント方法

インクカラーなどTシャツ1枚に掛かる費用を算出し

そこから枚数ごとに金額を加算していきます

最近ではWEBで簡単見積もりも出来ますが、正式な金額を知りたいときは、やはり電話が一番でしょう。

この見積もりという作業に1日から2日かかります。
電話の場合、基本は当日中に返事が返ってきます。

 

◆2つ目はデザインにかかる時間です。

最近のサイトではデザインシミュレーターというものがあり、簡単にオリジナルTシャツを作れるようにはなっていますが、大半はまだアナログです。

手書きでデザインを入稿する際に細かな部分を配慮しながら書くため、プロが行っているお店もあります。

書き終わったらお客さんに一度サンプルを見せ、これでいいか確認をします。

修正があればその部分の修正を行ってOKであれば次の工程に行きます。

デザインが細かければ細かいほど時間もかかり修正の時間もかかるため、この工程に費やされる日は1日から5日です

 

◆3つ目はプリントに掛かる時間です

デザインが決まったらインクを通す版を作成します

版つくりはほとんどその日のうちに出来上がります

この版が出来てから印刷に入りますが、この期間が4日なので版と合わせると5日です

プリントする枚数によってこの印刷日数は変動していきますが、特殊なプリント加工を必要とする場合は、使用するインクも異なる事から大幅に納期が変動してしまいます。

すべての行程を終えてお客さんの手元に届くまで通常2週間かかります

特に夏や文化祭シーズンとなる9月ごろは注文が重なってしまうので納期がこれよりかかってしまう事もあります

 

 

 

早めに注文することで急ぎでも慌てることがない

 

〇早めにデザインを決めて依頼

オリジナルTシャツを今年の学園祭で着たい

イベントの際に着ていきたい

そんな時は早めに注文をすることで学園祭やイベントの日よりも余裕をもって納品することが出来ます

イベント間近になって依頼をすると間に合わないためお断りをされることもあります。

イベントの日にちが決まったら早めにデザインを決めて依頼をするようにしましょう。

 

〇大口の注文は通常よりも時間が掛かる

特に大口の注文は通常よりも時間が掛かってしまいます。

一か月前にはデザインを決めていつでも注文できるような体制を整えておくといいでしょう

また時間を短縮させるコツとしては、あらかじめ見積もり限度額をはっきり決めておくこと、問い合わせをした際に後日また折り返しますという回答では、納期までの時間がかかってしまうからです。

 

〇デザインの修正

次に時間を費やすのがデザインの修正です。

絶対これといった完璧なデザインを用意すれば修正にかかる時間が減らせるので納期も早まります。

 

こういった時間を減らすためにもしっかりとデザインやカラー、Tシャツの素材や印刷方法まであらかじめきちんと決めておきましょう

オリジナルTシャツランキング!
オリジナルTシャツ作成のトミーズ
TMIX
ラブラボ
Citto+
タカハマライフアート